雲形の神棚八つ渦も改めてご紹介

八つ渦は祈り雲シリーズで最も大きなサイズです。
横幅38cm、高さ10cm、奥行き4.5cmとなっています(手作業による多少の誤差があります)。
素材は木曽桧です。
木曽桧の神棚祈り雲の八つ渦の紹介
幅がありますので、御札をゆったりお祀りできるのが特徴です。
デザインとしては、ボリューム感とうねり、流れを強調させました。

モダン雲型神棚の神髄を思わせる、これ以上ない雲尽くしのデザインとなっています。
五つ渦と同様に両脇には榊を立てることができるようにガラス瓶が埋め込まれています。
ボリュームがありますが、裏面の磁石の数が5か所あり、十分な設置の強度があります。
八つ渦について詳しくはこちらへ。

八つ渦拡大

渦の数を縁起の良い数「八」に。
「八」という数字は神道では良い数字とされています。
八百万の神の「八」。
サッカー日本代表のマークにもなっている八咫烏。
〇〇八幡宮という名前の神社は最も多いようです。
その他、宮島の厳島神社の回廊の板は柱と柱の間に8枚が敷き詰められている・・など、
八にまつわる事が多いのが神道の特徴です。
また、神道とは関係がないかもしれませんが、
古来から日本では「末広がり」という意味で「八」を縁起の良いものとしてきました。
他にも、四国八十八か所巡りなど・・。
日本武道館も八角形です。
渋谷駅前の忠犬ハチ公?・・・は、よくわかりませんが、
もしかしたら「八公」なのかもしれませんね。

八つ渦拡大2

ラッキーセブンとよく聞きますが、
そもそもラッキーセブンの7がいいというのは英語圏を中心にした西洋の思想のようです。
日本で縁起が一番いいのは古来から7ではなく八。
また、富士山のようにどっしりとした形の「八」は、安定、安心のイメージがあります。
祈り雲~八渦~はこの八という数をデザインに取り入れ、
雲をモチーフにしながらも祈り雲自体が縁起の良い「八」を表現した神棚となっています。
うねりを持った渦、
どっしりとした渦、
小ぶりな渦、
などなど・・
豊かな表情を見せるそれぞれの渦をバランスよく構成しました。
購入ページはこちら


祈り雲の事をもっと詳しく知りたい方は、「祈り雲が大切にしている三つの要素」をご覧ください。
道具、デザイン、素材の三つの項目にに分けて制作に込められた思いを綴っています。

以下の記事も読まれています!

神社の御札を祀るモダン神棚へのリンク