八つ渦の設置方法を改良しました


祈り雲五つ渦に続き、八つ渦の設置方法も改良しました。

サイズとデザインの変更に伴い、重さが増した八つ渦。

金具を使った方法を採用し、より耐久性のある設置方法になりました。

「金具」と聞くと、外した後、壁にネジ穴が残るイメージですが、

賃貸のお部屋など壁に穴を残したくない場合にも配慮し、

石膏ボード用のピンを使う設置方法となっています。

また、設置する壁面が木の場合でも、

石膏ボードピンの代わりにネジを使って金具を固定します。

いずれの部品も、同封されています。


設置の手順は下の動画で見て頂くとわかりやすいです。


ただ、ピンをさしていく工程は、少し細かい作業ですので、

高齢の方など、指先の細かい作業が困難という場合は、

お子さんやお孫さん、お知り合いの方に頼んで頂ければ設置できます。




裏面の突起が壁の金具にはまる仕組みです。

上の写真で少し見えますが、

突起部と本体との接合には、"オニ目ナット"という接合金具が使われています。

家具によく使われる金具で、人の力で引っ張っても抜けない程度の強度があります。


デザインも少し改良しましたので、

以下の記事も参照ください。

『ボリュームアップした八つ渦のデザイン』

サイズが年々、大きくなっていますが、

とりあえず、増量はここまでとしておきます。

今後は量より質にこだわって、

最終的には、何も説明がいらないくらいのものに

育てていきたい思っています。

きれいな景色に説明がいらないように、

言葉を尽くして価値を高めていくモノとは、

異なるものづくりでありたいと思います。

良いもの、美しいものとは

本来そういうものであると考えています。


今回は、新しい設置方法のご紹介でした。