コロナウィルス感染拡大の影響は

何かに感染したかのような巨木
短期間でおさまると思っていたコロナウィルスが、
かなり長引きそうな雰囲気になってきました。
ニュースを見て少し驚いています。

現場で日々対応しておられる医療従事者の方々には、
尊敬の念を抱くばかりです。
早く事態が収束することを祈るばかりです。

木工の場合、満員電車とも無縁なので、
感染の可能性が低いとはいえ、
気を付けて生活してます。

前回は、移動しながら彫刻できる方法について書きました。
祈り雲くらいの大きさのものであれば、
どこでも制作できる固定具を作ったわけですが、
こんなタイミングですので、
使うのは当分先になりそうです。

感染拡大が、経済に与える影響は大きく、
大変な事ではありますが、
ものごとには良い面と悪い面があり、
世界同時に同じ問題を抱えたということから、ニュースなどを通して、
日本と海外の政府の対応を比較することができる、
良い機会だったと思います。

騒ぎ過ぎという見方があるとはいえ、
やはり多くの人命が犠牲になる事が分かっている以上、
他の先進国のような早い対応が普通ですが、
日本の場合は、現状把握のための検査すらされず、
自粛は要請しても、それをフォローするほどの経済的な支援策は出ていません。

アメリカは、一人当たり13万円の支給が検討されているようです。
BBCニュース:米上院が大型支援策可決、大人1人に約13万円現金給付へ
日本の経済政策は基本アメリカのパクりなので、
こういったところも、いつも通りやってくれるといいですね。

でも、利権のあるところにしかお金が流れないことは、
東日本大震災の復興を見れば明らかなので、
今の政治に全く期待はしていません。
ここにきて、議論されている案が「お肉券」ですからね。
あと、自粛って言ってるのに「旅行券」とか。

でもこれ、
下手をすると餓死する人も出る
命に関わる話だと思うので、
ちゃんとしてほしいですね。

近年、周りでも社会で起こることに、
「おかしいよね」と言う人は増えてきています。
また、コロナだけでなく、
香港を始め、荒れる世界の出来事を見ると、
平和ボケしてられないな、と思うところです。

以下の記事も読まれています!

現代の"祈り"と"癒し"について

祈り雲はこれからもずっと消費税0%です

彫刻神棚祈り雲にロゴや名前を入れない二つの理由

ボリュームアップした祈り雲の三つ渦の新デザイン

祈り雲の利益の一部が台風第15号千葉県災害義援金に寄付されました